記事一覧

田端義夫と島育ち記念碑

ファイル 50-2.jpgファイル 50-3.jpgファイル 50-4.jpg

 昭和37年に、バタやんこと田端義夫さんが東京・新橋の沖縄料理店で耳にし、心がしびれたというその歌は、実は奄美で戦前から愛唱されていた【島育ち】でした。
昭和34年にセントラル楽器店で製作した大島ひろみさん(本名・宝井充美たからいまさみ)の歌う島育ちのレコードを聴いたのがブームのきっかけでした。

 昭和14年に生まれたこの曲は、作詞を手がけた有川邦彦さんが病床で島育ちのレコード化を夢見ながら、果たせず亡くなったというエピソードを持っていました。作曲者の三界稔先生のことは、前述の通りです。
 
 昭和37年から、田端さんがレコードを出し、精力的に歌い始めた島育ちは、年が明けてもその勢いは衰えず、島の内外でこの歌に関するニュースが流れ続けました。
 3月30日、31日には、地元奄美大島の名瀬市においてセントラル楽器店と南海日日新聞社の共催で、田端義夫ショーの公演を行ないました。
ファイル 50-1.jpg この頃は、まだ奄美空港は開設されていず、田端さんの一行は、鹿児島港から客船・八坂丸で14時間も揺られて名瀬港に到着しました。港では大勢の島民が出迎え、沿道は、1万人の人手(名瀬警察署の調べ)で賑わいました。この熱烈な歓迎振りには、彼らの疲れも吹き飛んだのではないでしょうか?

続きは下記書籍「大人青年」よりどうぞ
大人青年